太陽光パネルに有効な鳩対策を実施しよう

太陽光パネルは鳩の巣ができやすい!
被害を受けないための対処法 太陽光パネルは鳩の巣ができやすい!
被害を受けないための対処法

鳩対策の手順

ハトは太陽光パネルと屋根にある隙間に入って巣を作ります。さらにそこに大量の糞をして汚します。鳩対策が間に合わなければ一度パネルを取り外す必要も出てきます。そうなってしまうとハトの被害も決して小さくはありません。糞を清掃して除去し、侵入させないための対策を施し、ハトが来ないようにする必要があるのです。

太陽光パネルに行なう鳩対策の流れ

調査や見積もり

太陽光パネルでの鳩対策でお困りなら、お気軽にお電話などでご相談ください。近隣の場合は担当者が現地を訪問して調査します。調査結果から必要な対策を検討して見積もり、ご提案をさせていただきます。遠方の場合はファクスやメールで図面や写真なども合わせた資料を元に対策を検討し、打ち合わせしながら対策箇所を決定していきます。

清掃

太陽光パネルと屋根の間にできた隙間に作られたハトの巣を駆除する際、その巣には卵やヒナがいる場合もあります。その際は、都道府県などへ有害鳥獣の駆除に関しての許可申請を行なってから作業しています。また鳩対策では、高圧洗浄などを使用して鳩の糞を清掃し、太陽光パネル設備の美観を取り戻すことができます。

太陽光パネルの隙間を塞ぐ

隙間に巣を作らせないために、市販の専用ネットを使用して侵入経路を塞ぎます。その後、忌避剤を使用してハトが寄りつきにくくすることで効果を向上させます。ただし専用ネットの施工方法によっては、太陽光パネルの保証が受けられなくなる場合があるため保障の条件を確認してください。または専門業者へ相談して適切な鳩対策をしましょう。

太陽光パネルで有効な鳩対策

太陽光パネルの鳩対策は、初期の時点であれば自分でも対策は可能です。しかしそのタイミングを見誤ると、自分での対策は困難です。専門業者に早めのご相談で、被害が大きくなる前の鳩対策を検討されることをおすすめします。

TOPボタン