被害レベルごとで見る鳩の影響と鳩対策

太陽光パネルは鳩の巣ができやすい!
被害を受けないための対処法 太陽光パネルは鳩の巣ができやすい!
被害を受けないための対処法

鳩対策は被害状況を考えて行なう~業者なら正確に判断できます~

既にハトが巣を作っても、早い段階であれば自分でも対策できます。しかし被害状況を把握した上での鳩対策が不可欠です。

被害レベルに合わせた鳩対策

休憩鳩
休憩場所としてハトはよくマンションのベランダなどを利用することがあります。日中の明るい時間帯に来て、羽を休めるために訪れている場合が多いです。しかし、休憩場所に過ぎないと言っても糞で汚れます。ハトが来ていることに気づいた時点ですぐに追い払っておきましょう。放置すれば安全な場所と考えて巣作りの場所の選択肢になってしまいます。
待機鳩
待機場所となると、休憩よりも長い時間ハトが利用するようになります。ハトにとってはより安全ない場所として確保されつつある段階です。糞の量も増えて、ハトに寄生したウィルスやその糞から病原体が運ばれる危険性が高くなります。また、洗濯物を汚すなどの被害も出るでしょう。この段階までに対策しておきたいところです。
ねぐら鳩
これまでとは異なり、暗くなってからもハトが飛来します。ねぐらとして確保した場所にハトも執着するため、もはや簡単には追い払えないでしょう。さらに夜間もその鳴き声や物音が続き、近隣を含めた騒音被害も大きくなってきます。こうなってしまうと早急な対策が必要な段階です。放置することは危険な状態であると言えます。
巣作り鳩
ハトが巣を作る状況になると事態はより一層深刻なであると言えます。ハトは一度巣を作り始めると、たとえその巣を撤去しても、また同じ場所に巣を作ります。なぜなら、ハトは場所への執着心が非常に強いため何度でも巣を作ろうとするのです。そこには巣を作れないと認識するまで巣作りは続きます。そのため、巣を作らせないような鳩対策が必要になります。

初期段階での対処が肝心

作業員

初期の段階なら、忌避剤などで対策できますが、太陽光パネルでの鳩対策は、高所作業のため鳩対策専門業者への依頼が安心です。

TOPボタン