巣を作ってしまう前に鳩対策をしておく必要性

太陽光パネルは鳩の巣ができやすい!
被害を受けないための対処法 太陽光パネルは鳩の巣ができやすい!
被害を受けないための対処法

太陽光パネルには鳩の巣ができやすい~早めの鳩対策を~

太陽光発電

太陽光パネルを設置する住宅も多くなり、鳩が巣を作ってしまうケースも少なくありません。被害を受ける前に鳩対策をしておきましょう。

太陽光パネルに巣ができた場合の被害

太陽光パネルへの被害
近年はご家庭での利用だけでなく、工場など企業も積極的に導入を進めている太陽光パネルですが、設置した屋根と太陽光パネルの間にできた空間に鳩が入り、巣を作ってしまうことがあります。せっかく設置した太陽光パネルでも鳩が巣を作り、糞で汚したり、巣材で傷つけたりすると発電効率がダウンし、故障の原因になります。
住環境への被害
鳩が巣を作ることで、太陽光パネルへの被害だけでなく、居住者や建物を利用する方にも住環境としてのマイナス面が発生します。鳩の糞とは言えども大量に溜まってしまうとその成分に含まれている酸が金属を腐食させます。そして例えばマンションのベランダや手すりに集まる鳩の鳴き声も、近隣から騒音の苦情としてもよく聞かれています。
健康被害
鳩の糞によって衛生状態が悪くなると、ゴキブリなどの害虫の発生やその糞によって媒介されるトキソプラズマ症やオウム病などの感染症に感染する危険性もあります。また、ダニやシラミも媒介するため、ぜんそくや気管支炎などのアレルギーを引き起こし乳幼児や妊産婦、高齢者にとって非常に深刻な影響を及ぼす場合も考えられます。

鳩対策の必要性


時間が経てば自然と鳩はいなくなりますか?
ハトは縄張り意識が高く、自分たちにとって都合の良い環境を選んでいます。ハトを気にせず放っておくことは、ハトにとっては好都合です。ハトは敵がいないと考えてそこを居心地の良い安全な場所、お気に入りの場所だと認識し、そこに巣を作ります。ですから、ハトが来たら放置せず、すぐに鳩対策をする必要があります。
鳩を駆除しても大丈夫ですか?
動物愛護管理法や鳥獣保護法に基づき、駆除するには申請が必要です。許可なく駆除することはできません。鳥獣保護法違反では一年以下の懲役または百万円以下の罰金となることもあります。また、捕獲には狩猟免許が必要です。被害が生じている有害鳥獣であることが申請によって認められた場合には捕獲、殺処分を行なうことができます。

執着心の強い鳩

ハトは勤勉な鳥だといってもよいでしょう。その理由のひとつに毎日同じコースで飛び、同じ場所に戻ってくる生活しているからです。なぜこのような生活をしているのかというと、ハトは帰巣本能が強く、ここと決めた場所にこだわって生活しているためです。ハトは自分で決めたルーチンを誠実に実行しているのです。そのため巣作りをする場所を選ぶと根気強く巣を作ろうとします。

面倒な鳩対策は業者へ

太陽光パネルの設置箇所に集まってくる鳩対策でお悩みなら、すみやかに専門業者への相談をおすすめします。  

TOPボタン